開いて、荒れまくりの肌

開いて、荒れまくりの肌

私のムダ毛は一般的に丈夫な方です。
薄くて細い毛ならば、普通の剃刀で処理しても、そこまでジャリジャリが気になる事も無かったと思います。しかし私の場合、剃刀でムダ毛を処理しても、二日ほど経てばすぐにジャリジャリとした感覚が気になります。

 

これはもう、根本から処理するしかない。
そう思い立ち、毛抜きを使用することにしました
手間と時間が掛かるのはもちろんなのですが、それ以上に抜いた後のざらざらしない触り心地が良く、暇さえあれば毛抜きを使用するようになりました。

 

しかし、毛抜きを使い始めてしばらくすると、その毛を抜いた部分の毛穴が気になるようになってきました。
明らかに開いており、色も少し黒ずんでいるように感じるのです。姉の足とも比べてみたのですが、やはり私の毛穴の方がダメージを受けています。

 

とても色白できめ細かい肌だったわけでは無かったのですが、それでも抜いている部分はブツブツしていて、近くで見ると肌が汚く見えるのではないかと周りの目が気になるようになりました。

 

それに、毛抜きで全部の毛を処理するのは難しく、結局ほとんどの部分を剃刀に頼ってしまうので、毛抜きを使用した意味もほとんどありませんでした。

 

今では毛抜きを使う事はやめていますが、未だに毛穴が気になってなりません。

中学生の時、毛抜きで毛を抜くのにはまってました

中学生のころからムダ毛を気にし始めるようになって、友達も脱色剤で脱色するひともいれば、脱毛剤を使ったりカミソリで剃ったりとみんなそれぞれ情報交換しながらやっていました。

 

わたしはすね毛や腕の毛は毛深くて恥ずかしかったのですが、毛を抜くことが体に悪影響を与えそうで始めは怖く、脱色剤を使いました。あれは金髪になるんですね!これも恥ずかしいな〜というのと、処理をしてもすぐに伸びてくるところは結局黒いので、しょっちゅうやるしかないのならお金をかけても仕方ないな〜と、コツコツと毛抜きで抜くことにしました。

 

不思議なもので抜き終わったところを見るとツルツルで達成感があるんですよね。次第に暇さえあれば抜くように。でも毛抜きをしているうちに皮膚の薄皮の下で長く伸びてしまう毛が増え、長いのだと5mmくらい伸びてしまいました。

 

「埋もれ毛」というんですね。医者に行って治療してもらう方がいいと友人に言われたんですが、そんな大事でもなかろうと思い、毛抜きで皮膚の薄皮をつまんで破いて中の毛を抜くようにしました。すると虫刺されのように腫れあがった場所が全部ではありませんが何か所か出来てしまい、治っても色素沈着になって、毛はないけれど恥ずかしいスネになってしまいました。

眉毛を毛抜きで抜いた翌日まぶたが大変な事に

毛抜きで失敗した話です。

 

私は眉毛が濃くて太いので剃って処理をしても、ジョリジョリになってしまうし、また直ぐに生えてきてしまうので、脱毛方法を毛抜きで抜く方法に変えました。
最初は、体の他の部分の毛を毛抜きで抜く時に比べて、痛みは強かったのですが、痛みさえ我慢すれば抜いた後は、わりかしキレイで、抜く方が、剃る方法に比べて生えて来るまでに時間の余裕もあったので、いい方法だと思っていたのですが、抜いた翌日の朝起きると、目の上のまぶたが腫れて、酷い状態になっていたのです(゚Д゚)

 

いつもは、毛抜きで抜いても、そんな事は起きなかったのに…。

 

寝起きは、目を開く事も重くて辛かったのですが、それよりも、その日は出かける予定があったので、何とかして目の腫れをひかせるのが大変でした(?_?;)
隠れてる部分ならまだ、よかったのですが、顔となると目立つので恥ずかしかったです。。

 

お化粧で誤魔化せるような感じの腫れ方でもないし、熱も、もってる感じでした。
結局、そんなに簡単に腫れたまぶたが、おさまることはなくその日は残念ながら出かけるのを辞める事にしました>_<
もう、眉毛が濃くてもいいので、そんな体験からか眉毛は抜くのではなく剃るようにしています。